ニキビ治しんぐエルス

ニキビの悩みには漢方薬がおすすめ!その効果とはいかに?

ニキビ治しんぐエルス

 

ニキビを治すための基本といえば、触らない、潰さない、清潔に保つなどが一般的なので
ニキビで悩んでいる人は、悩んでいない人よりかなり気を使って清潔にしているものだと思います。

 

しかし、とても綺麗な肌をしている人に限ってスキンケアに無頓着だったり、洗顔をさぼっても肌荒れひとつおこさない人もいます。

 

ニキビのできる原因は、主に脂性肌であることの遺伝的要素が強いと言えるでしょう。
思春期ニキビに悩まされている人の親もきっとニキビに悩まされた時代があったのではないでしょうか。

 

体質、肌質によるニキビの悩みは、ニキビ用のローションや塗り薬よりも、体質改善を狙った漢方薬がよく効く場合があります。

 

ニキビの治療に漢方薬というと意外な気がするかもしれませんが、漢方を使ったニキビ治療の特徴的はニキビ肌そのものを改善していくところにあります。

 

ニキビにもいろいろなタイプがあるので、思春期の脂性肌によるニキビ、膿みの強いタイプ、生理不順に伴うタイプ、など体質、肌質に合う薬を試すことができます。

 

例をあげると初期のニキビで赤い皮疹がプツプツあり、膿を持ったものは少ないときには十味敗毒湯。

 

  • いわゆる脂性肌による思春期のニキビで化膿が認められるものには荊芥連翹湯。
  •  

  • 思春期ニキビのなかでも特に化膿が強く、急性の炎症には清上防風湯。
  •  

  • 思春期以降の生理周期に関連するニキビで、生理痛、月経不順などを伴うものには桂枝茯苓丸。

 

などが代表的です。

 

体質改善が目的なので飲んですぐに効果が出るものではなく、3〜4ヶ月様子見で飲んでみる必要がありますが、長い目でみて、ニキビが出来にくい体質にしていくことが期待できます。

 

これらの漢方薬は薬局でも購入することができますが、できれば体質、肌質などを専門医に見てもらって服用するようが安心です。

 

今は皮膚科で漢方薬を処方するところもあり、また漢方内科として漢方薬専門の処方をする医院もあります。

 

健康保険が使える場合がほとんどなので、ニキビに悩んでいる方は一度受診をおすすめします。

 

24歳の時に顔中ニキビだらけになってしまってから、ニキビがなおるまでの話はこちら